女性の薄毛は改善できる|きちんと治して自慢できる髪を取り戻そう

男の人

自毛を移植する薄毛対策

医者

自毛を移植するメリット

植毛には、人工毛を移植するものと自分の毛を移植するのがあります。後者の自毛植毛は、術後のメンテナンスが楽なことなどから注目されています。メンテナンスが楽なのは自分の毛を植え付けることから定着率が9割以上と高いので、薄毛になる前と同じ頭髪が実現しやすく、且つ植毛した毛はそのまま生え続けますので今までと同じような手入れをすれば済むということです。また、自分の毛ですから、植毛後の出来あがりが自然であることも、この方法が人気の理由です。ただ、植毛した毛が定着するまでには、少し時間がかかりますので、それまでのアフターケアは、人工毛植毛よりは面倒かもしれません。しかし、一旦定着しますと、上記のようにメンテナンスは楽です。

一連の流れ

自毛植毛をする時の一連の流れは、手術前のカウンセリングと検査からはじまります。この時にどんなヘアスタイルにするのかも決めておきます。手術は、事前診断の後、ドナーと呼ばれる植毛する元の毛を採取します。このドナーは、株分けといって、ひとつの毛穴に植えつける単位に分割されます。ここまでが準備で、次に植毛に入ります。なお、ドナー採取時と植毛時には局所麻酔をしますので、痛くはありません。手術は、株分けしたドナーを移植していきます。これが終わりましたら、手術した部位をチェックして、洗浄、包帯などで保護します。手術後のアフターケアは、1週間後くらいまでは手術した部位に刺激を与えないようにします。2週間後くらいに抜糸しますので、それまでは注意深く扱います。1ヶ月くらい経ちますと、毛周期によって一旦抜け落ちて再度生えてくるというサイクルに入ります。そして、1年くらいで自然な頭髪になります。